400MW!日本最大の太陽光発電所協力協定を締結しました

掲載期間:2021-09-17 記事ソース: 閲覧数:49

 日本はグレースソーラーの主要な海外市場の1つであり、長い間に日本の多くの「再生エネ巨人」と緊密な協力関係を維持し、多くのローカルプロジェクトの建設に参加し、豊富な経験を蓄積してきました。

 

最近、グレースソーラー10年間協力してきた日本の太陽光発電業界の大手企業が九州で400MWの太陽光発電所協力協定を締結しました。第1段階70MWの出荷が完了しました。これは日本の最大規模の太陽光発電プロジェクトで、年間発電電力量約500GWとなる見込みです。。

 


コアサプライヤーとして、グレースソーラーは長い間に、お客様とうまく協力することができ、20件以上の特高案件とほぼ100件の高圧案件を共同で完了しました。このプロジェクトの署名は、日本市場におけるクリーンエネルギーの重要なマイルストーンであり、その戦略的パートナーシップの証です。

 

今回のプロジェクトサイトの地形はより複雑で、気象条件はより厳しいため、サポートの強度に対してより高い要件が提唱されています。顧客がコストを削減し、効率を高めるのを助けるために、グレースソーラのプロジェクトチームは何千時間もの研究開発努力を投資し、数え切れないほどの修正を行いました。結局、私たちの努力はお客様に認められ、2つの異なる基礎と4つの配置が異なる地形条件に対応するように決定されました。

 

現在、グレースソーラーが建設に参加したあらゆる種類の太陽光発電所は、日本の都道府県の80%以上を占め、7年連続で日本でトップシェアを維持しており、日本市場で多くのテストに合格しています。お客様からも高い信頼をいただいております。今後も国井エナジーは、製品・技術・サービスの優位性を最大限に発揮し、日本のパートナーと協力して地域市場を深め、太陽エネルギー産業の持続可能な発展をさらに推進していきます!