グレースソーラーについて

厦門グレースソーラーテクノロジー有限会社は、太陽光発電製品の開発 · 生産 · 販売 · サービスの分野に特化した企業である。

顧客に頼りになる太陽光発電架台メーカーとして、創業以来10年余りの急速な発展を経て、 グレースソーラーはグローバル市場シェア率ランキングがトップ5、日本への輸出量トップ1の実績を有する。日本、アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ、中東、東南アジアを含め世界中の100以上の国と地域にメガソーラーを設置し、積算総量は33 GW、年間産能は10 GWである。
太陽光発電市場では、天文計算法+傾度センサーの閉ループ制御 とともに、人工知能(AI)、モノネットワークなどで新しい情報技術を融合して、知能追尾システム、固定架台、水上架台、BIPVシステムなどの提案を提供する。
また、グレースソーラーは海外教育の要員によってリードする国際化専門開発チームを持ち、エリート人材を招き入れており、先進試験設備の応用を重視した研究室も備えている。UL、TUV 、CE、MCS、 AS/NZS1170、風洞試験など世界中数多くの国と地域の認証を取得し、世界トップ500の数多くの企業と戦略提携関係を構築している。更に、〝エネルギーを生み、光に乗り、駆け抜く″というスローガンをもとに、未来を築く新エネルギー産業においてさらなる可能性を探り、より多くの家庭に導入しようと努力する。
  • 33 GW
    累積設備容量
  • 10 GW
    年間生産能力
  • 100 +
    累積特許数
  • 4000 +
    累積事例

会社沿革

  • 2021

    品牌升级更名国瑞能

  • 2020
    グローバル業界シェア率top5
    累積総量33GW
  • 2019
    年間生産量が10GW突破
  • 2018
    工場を同翔高新技術産業園に移転
  • 2017
    本社を金林雲玺オフィスエリアに移転
  • 2016
    水上架台事業部設立
  • 2015
    知能追尾事業部設立
  • 2014

    ノースアメリカ、ユーロッパ、アフリカ、中東へ展開  、  MCS認証取得



  • 2013

    日本特許取得
    日本輸出量Top1


  • 2012
    豪州輸出量Top1
  • 2011

    豪州業界シェア率50%突破
    TUV認証取得


  • 2010

    グレース新製品GSシリーズ販売開始

  • 2009
    厦門グレースソーラーテクノロジー有限会社設立